リプロスキン 効果

チョコレート食べ過ぎ 寝不足 生理前

悲しい事に、10代の頃はニキビ30代になると吹き出物と呼ぶのかな?ニキビと吹き出物の違いはなんだろう?若いころはおでことか鼻の周りに出来ていたけど、最近は決まって口のまわりに巨大なのが1つ。口の周りに出来始めると生理へのカウントダウン!潰してしまうと痕が残るので自然に小さくなるのをただただ待つのみ。後は食生活の乱れ。数日脂っぽい食事が続くと皮膚に出てくるのかな?またこれも胃もたれと同時にやってくる。悲しいな。


どんなにきれいにしていても不潔に見られる

10代の頃はおでこや頬にぷつぷつとたまにニキビができる程度だったものの、

20代になり就職してからというもの、ニキビの無い日が全くありませんでした…

就いた仕事の時間が不規則で拘束時間も長く、睡眠時間もろくに取れず、かつ接客のストレスもあったのか

気が付けばどんどんニキビが増え、ニキビの中に顔があるような状態になっていました。

化粧でかくして現場に立つものの、お客様に「ニキビがひどいね。若い証拠だ。」などとからかわれたりもして

外にも出たくない、鏡も見たくない…と、どんどん追い込まれていました。

多くのニキビ用の基礎化粧品を試したものの、あまり効果を得られるものはなく

皮膚科で抗生物質を処方され、飲んでるうちは綺麗になるものの薬が切れればまた元通りになっては落ち込みの繰り返しでした。

たまたま近くに新しい皮膚科がオープンし、行ってみたところ

漢方薬を勧められました。これが自分ととても相性が良かったのか

2種類の塗り薬も併用しつつ、通い始めて半年でニキビがほとんどできなくなりました。

片頭痛や便秘の症状もあったので、体の中から改善させるよう一緒に頑張りましょうという先生の言葉を信じて良かったです。

もちろん、私はたまたま漢方が体に合っていたというだけだと思うのですべての方に勧める気はありませんが…

気持ちも明るく前向きになり、すっぴんでも外に出られるようになりました。

ただ、クレーターになってしまったニキビ跡には今でも悩まされてますが…

皮膚の再生医療がもっと進化してもらえるまで、付き合っていくしかないのかなと思っています。


なかなか治らない、ストレス、栄養の片寄り

学生時代は顔全体にぽこぽことでき、またチョコレートが大好きだったため、食べては出来の悪循環でした。潰れて痛い思いもしましたし、好きな人に見られるのが嫌で悩んだこともありました。大学に入り、ちょっと高めの薬を使ったりするうちに、肌質が変わり、少しずつ食べ物などではできなくなりましたが、ストレスや女性特有の周期がくると、顎下や鼻辺りにできて、しかもこれが昔と違いなかなか治らないので、憂鬱になることもしばしばです。

まだしばらくニキビとの戦いは続きそうです。


ストレスや生活習慣の乱れで出来てしまう

昔からストレスを感じるとニキビがポツポツと出来てしまい、なかなか治りません。

また生活習慣が乱れたときは大きなニキビがポツリと出来る気がします。

ニキビが出来てしまうと、気にもなるし気分も憂鬱になってしまうので、出来れば出来て欲しくない。

食生活や睡眠に気をつけて、ストレスのない心も身体も健康的な状態を保てていればニキビとも無縁の生活を送れると思います。

これからも出来るだけニキビと無縁の生活を送りたいです。